本文へ移動

活動報告

活動報告

RSS(別ウィンドウで開きます) 

馬事公苑

2021-10-20
NEW
最近は、気温の寒暖差が激しいですね、体調お変わりありませんか。
雨が続き外に出かけられない日々。この日の天気は曇りで、利用者さんの希望で外出しました。
紅葉の程度を見に、南相馬市馬事公苑までやってきました。きれいに見られるのはもう少し後のようです。以前に馬事公苑に来た時のことを話しながら、周囲の景色を見て季節を感じ、いい気分転換になりました。    訪問看護 古佐原
 

70年ぶりのおままごと

2021-10-19
NEW
コロナ禍で1年近く自粛していた南相馬市の南町・北原復興公営住宅の集団活動サロンですが、10月15日に感染予防を徹底しながら開催しました。ソーシャルディスタンス・マスクの着用・手指消毒はもちろんのこと、黙食や大声を出さないなど、おしゃべり好きで大声でよく笑う住民にとって大変な制約がありましたが、そこはそれ戦争や東日本大震災を乗り越えて来た大きいお姉さま達。この日のメインメニューの「おやき作り」を積極的に楽しまれていました。
「これは私の作ったおやきよ」「これは私のもの」と言いながら、ホットプレートで作ったおやきを焼いていたのですが、焼いているうちに誰が作ったか分からなくなり「おやきに名前書いておけばよかった」で大笑い。
一番年長のお姉さまの一言「みんなで作ると楽しいね」「昔のままごとみたい」
乙女の頃にタイムスリップしたおちゃめな大きいお姉さま達の70年ぶりのおままごと。
 
同じ団地に住みながらほとんど交流する機会のなかった住民たちにとって、ほんのひと時でも互いの絆を確かめ合えたそんな癒しのサロンでした。
(こころのケアセンター 立谷)

パイづくり

2021-10-14
訪問看護ステーション、訪問看護活動のひとコマ。
利用者の希望に添い、一緒にお菓子づくり。
季節を感じながら、かぼちゃパイ。デザインは、ハロウィンのかぼちゃお化け。
パイ生地をデザインカットするのに苦戦しました。イメージ通り?
焼き上がりが待ち遠しく、好きな音楽について会話をして時間を過ごしました。
さあ、待ちにまった焼き上がり、おいしい香りが部屋中にいっぱい。
ハロウィンデザインはご愛敬。味は抜群でございました。
訪問看護 古佐原

チャレンジクラブ

2021-09-30
若者の集団活動チャレンジクラブ、9月の活動は、鹿島区の体育館を借りてスポーツをしました。卓球やバトミントン、ビーチバレーは誰でも参加しやすくて気軽に楽しめるスポーツです。いつもより参加者が多かったです。なかなか体を動かす機会がない方も、久しぶりに汗をかいて気持ちよさそうでした。最近は秋めいて涼しくなってきました。みなさんも、体を動かす機会をつくってみてはいかがでしょうか。
(ケアセンター 伏見)

懐食報告

2021-09-24
平成29~31年度の3年間で、懐食・心の復興プロジェクトを実施しました。
懐食(なつしょく)とは、「あぁ懐かしいな」「もう一回食べたいな」と思う料理のことです。震災後のコミュニティ再生と心の復興を目指して、地域のみなさんの懐食のお話を聞き、お料理のワークショップをしてきました。延べ2,029人の参加があり、合計3冊のレシピ集や紙芝居も1冊出来ました。
今回は、浪江町内でのオレンジカフェ(認知症相談カフェ)で、レシピ集や紙芝居を紹介しました。参加者のみなさんは、懐かしい料理の数々を見て喜んでくださり、おしゃべりが弾みました。(こころのケアセンター立谷)
相馬事務所
南相馬事務所
特定非営利活動法人
相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会
 
■相馬事務所
〒976-0016
福島県相馬市沖ノ内1丁目
2-8
TEL.0244-26-9753
FAX.0244-26-9739
 
■南相馬事務所
〒975-0007
福島県南相馬市原町区南町3丁目2-7
TEL.0244-26-9353
FAX.0244-26-9367

0
5
4
7
8
6
TOPへ戻る