本文へ移動

活動報告

活動報告

RSS(別ウィンドウで開きます) 

つばめに再チャレンジ

2021-07-20
数週間前、私たちの支援対象の方と外出した際にツバメの巣を見つけました。もうすぐ巣立ちそうなひな鳥が、ぎゅうぎゅうになって巣に納まっていました。普段から写真を撮るのが好きで、カメラを持ち歩いているその方に「撮ってみませんか?」と声を掛けました。しかし、日陰で暗くなってしまい、なかなかうまく撮れませんでした。
今回、また同じ場所へ行くと、先日とは違う場所にひな鳥を見つけました。今回は薄曇りで、屋根の下はそれ程暗くありません。今度こそ写真に納められるのではないかと思い、「もう一回撮ってみませんか?」と声を掛けました。後ろにのけぞって、カメラを高く構えた手が震えていました。それを、同行したもう一人のスタッフが支えます。その様子に、これは私のシャッターチャンスだと思ってその2人を撮影しました。少しブレたと言いながらも、ひな鳥はちゃんと撮影出来ていたようです。
また一緒に季節の風景を撮りに行きたいと思います。(アウトリーチ 西内)

なごみの総会が無事終了いたしました

2021-07-16
6月27日に開催した当法人の通常総会も、平成24年に始まり10回目となりました。今回は新型コロナウイルス感染防止の観点から、オンライン会議形式で行い、無事全ての議案に承認いただきました。ご参加いただいた方々、また委任状をくださった方々に感謝申し上げます。
今回の総会はオンラインということもあり普段参加しづらい遠方の会員様とも顔を見ながらの議場が持てました。なごみの将来を考えてくださった貴重なご意見をいただいたことはとても有意義で、当法人の活動を見返すよい機会になりました。今年度も新型コロナウイルス感染予防に努めて相双地域の保健、医療、福祉の増進を図る活動に励んでまいります。(唯野)

ねこの嫁入り

2021-07-08
去る6月9日、なごみ相馬事務所の車のボンネットに迷い込んだ子猫を、米倉家にもらい受けました。実は、米倉家ではオスの「モモタロウ」という猫を飼っており、そのパートナーとして向かい入れることにしたのです。「リンタロウ」と命名しました。
 最近「保護ネコ」という言葉を聞くようになりました。保護した側は譲る側に配慮した渡し方をし、譲られる側も責任をもって向かい入れるなど、動物を飼うモラルを大切にする意識の高まりから生まれた活動です。モモタロウも保護ネコ活動をしている方から譲り受け、恥ずかしながら私も、この時に去勢や避妊、健康管理をしっかりすることの大切さを学びました。私たちの仕事では、時に増えすぎた猫の相談を受けたり、癒しを求めて動物を飼い始めたものの、飼いきれなくなってしまう方に出会うこともあります。動物愛護法の一部改正により、無責任な飼育への規制も厳しくなり、飼う側のモラルと責任がより一層求められています。リンタロウとモモタロウに我が家はメロメロで、毎日癒されていますが、通院など飼い主としての責任もしっかり果たさなければと感じています。(ケアセンター 米倉)

庭で楽しむコーヒータイム

2021-07-08
なごみでは自宅でひきこもっている精神障がい者への支援を行っています。相双地域は、看護師や心理士など専門職不足は震災後10年たった現在も深刻です。社会資源が乏しい中、私たちができることは何かを考えた支援が、野外でのコーヒーを楽しむ会です。ひきこもりの方は親御さんと同居されているケースが多いのですが、些細なことで関係が悪化し、入院せざるを得ないことも多くあります。日頃のストレス解消を考えて自宅の庭でコーヒーを淹れることにチャレンジしてみました。あまり話さない方でも外の解放感とコーヒーの良い香りで話も弾みました。今後も感染に十分気を付けながら、支援活動を継続していきたいと思います。(ケアセンター大谷)

JMSNETがなごみを紹介して下さいました

2021-07-06
邦人医療支援ネットワーク(Japanese Medical Support Network: 通称ジャムズネット)のホームページにて、なごみについて記事にして下さいました。
本会代表の本間俊一先生(コロンビア大学)は、東日本大震災および原発事故の発災時、米国日本人医師会の代表もされており、なごみの前身である福島県立医科大学心のケアチームの活動への支援を即断して下さいました。
JMSNETの理事の方は、何人も相馬に足を運んで下さり、様々な形でなごみに関わって頂きました。
今回も、本間先生から「なごみのホームページが見られなくなってしまったのだけれど・・・」とご連絡を頂き、改装が終了した旨をお伝えしたところ、このような形でご紹介下さいました。
いつも見守って下さり、励ましの言葉をかけて頂いております。
本間先生をはじめ、JMSNETの皆さまに、心より感謝を申し上げます。
理事長 大川貴子
相馬事務所
南相馬事務所
特定非営利活動法人
相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会
 
■相馬事務所
〒976-0016
福島県相馬市沖ノ内1丁目
2-8
TEL.0244-26-9753
FAX.0244-26-9739
 
■南相馬事務所
〒975-0007
福島県南相馬市原町区南町3丁目2-7
TEL.0244-26-9353
FAX.0244-26-9367

0
5
1
9
5
9
TOPへ戻る