本文へ移動

活動報告

活動報告

RSS(別ウィンドウで開きます) 

東日本大震災・原子力災害伝承館へ

2021-06-16
NEW
若者の集団活動チャレンジクラブでは月に1回、色々なことを企画してチャレンジしています。5月のチャレンジクラブでは、双葉町にある東日本大震災・原子力災害伝承館を見学しました。今回は原ノ町駅から双葉駅まで電車に乗ってのお出かけでした。前日まで雨模様でしたが、当日は晴れ上がり、最高のお出かけ日和になりました。伝承館は震災直後の町の様子が分かる展示物と最新鋭のプロジェクターを組み合わせ、震災をリアルに感じられる場所となっていました。伝承館の向かいにある産業交流センターには食堂もあって食事もできて、久しぶりの遠出はとても楽しかったです。(ケアセンター 大谷)

ドン・シラス

2021-06-11
NEW
先日、道の駅なみえで話題になっている『しらす丼』を食べに行ってきました。
2021年3月にグランドオープンした「道の駅なみえ」では、全国初で道の駅に無印良品が入るなど、避難解除後の帰還が進む浪江町で賑わいをみせています。
また、浪江町の請戸漁港では、いち早く水産会社が再開し、新鮮なしらすを提供しています。
しらす丼を券売機で選んで、食券を渡そうとすると、すでにオーダーが厨房に届いているらしく、「そのまま席に移動してください」と言われ、見晴らしの良い席へ。
何もしらない田舎者みたいな気持ちで少し恥ずかしい。
番号を呼ばれて受け取りに行くと、しらすが乗っていません!
訳を聞こうとすると、なんとしらすが乗せ放題なのです。
ここでも田舎者らしくご飯が見えないくらい山盛り。
グイっと押してまたひと盛りしました。
この時点でしらすがご飯より多くなり、ドン・シラス(丼しらす)の完成です。
みなさんもぜひ、ご賞味あれ!(ケアセンター 米倉)
『道の駅なみえ』
福島県双葉郡浪江町幾世橋字知命寺60 0240-23-7121
JR常磐線浪江駅から徒歩約10分/常磐道浪江ICから車で約10分

第31回日本精神保健看護学会で“なごみ”の活動を紹介します

2021-06-04
6月5日(土)・6日(日)に、“なごみ”の理事である安保寛明さんが大会長を務め「第31回日本精神保健看護学会」が開催されます。
オンライン開催となっており、すでにオンデマンド閲覧が始まっています。
本学会において、6月6日(日)9:10~1:40に「大会企画② 東日本大震災からの共創造:相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会“なごみ”の歩み」を行います。
前半60分は動画でなごみを紹介し(オンデマンド閲覧可)、後半30分で安保さんらと対談を行います。
今年1月31日に開催したなごみのオンラインシンポジウムで紹介しました「今後のなごみの目指すころ」についても動画で紹介しています。
学会員の方、ぜひご参加下さい。非学会員の方は10,000円、学生(大学院生以外)3,000円、当事者・家族2,000円で、本学会に参加できますので、ご関心のある方はぜひ学会HPをご確認下さい。(理事長 大川貴子)
 
↓第31回日本精神保健看護学会URLはこちら↓

なごみオンライン茶和会(さ~なごむかい)のお知らせ

2021-06-02
東日本大震災から10年が経ち、なごみが福島県立医科大学「心のケアチーム」から被災地支援活動を引き継ぐ形で活動を開始してから9年が過ぎました。震災当初から現在までなごみの活動に関わってくださっている中澤医師(東京都/代々木病院)、丸田医師(兵庫県/岩沢神経科クリニック)、小林医師(熊本県/桜が丘病院)、小野寺保健師(福島県/南相馬市原町保健センター)をお迎えして、オンライン座談会を開催いたします。被災地支援活動を通して感じること、なごみとの関わり、そしてなごみの今後についてお話いただきます。また、当日はなごみで実施している事業「相馬広域こころのケアセンターなごみ」の訪問支援の様子を撮影した映像も上映予定です。ぜひご参加ください。
 
日時:6月27日(日) 14:10~15:30
場所:オンライン会議システム(ZOOM)※事前に参加申し込みが必要です
 
お申し込みは下記URLまたは案内チラシのQRコードからどうぞ。なごみホームページからも申し込みいただけます。
 
申し込みフォームはこちら↓↓↓

男たちの男たちによる男飯?

2021-05-31
孤立しがちな中高年の男性を対象とした集団活動、男性のつどい。コロナ禍においても感染予防対策を行いながら実施しています。今回は男飯として「ちらし寿司」を作りました。作業は至って簡単。材料を細かく刻んでご飯に混ぜるだけ。「豪快に散らしてやるぜ!!」と言いたいところですが、実は参加者のみなさんは几帳面な性格の方ばかり。大変美味しそうな仕上がりになりました。ちなみに実際の味はというと、それはそれは絶品でしたね。男性のつどいは、あまり人付き合いが得意ではない男性たちが、居心地の良い居場所を求めて参加をしています。一緒に楽しい時間をすごしてみませんか?(ケアセンター 工藤)
相馬事務所
南相馬事務所
特定非営利活動法人
相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会
 
■相馬事務所
〒976-0016
福島県相馬市沖ノ内1丁目
2-8
TEL.0244-26-9753
FAX.0244-26-9739
 
■南相馬事務所
〒975-0007
福島県南相馬市原町区南町3丁目2-7
TEL.0244-26-9353
FAX.0244-26-9367

0
5
0
3
5
6
TOPへ戻る