本文へ移動

活動報告

活動報告

RSS(別ウィンドウで開きます) 

飯舘村お好み会

2024-05-21
NEW
引きこもりがちな10代女子を対象にした「飯館お好み会」で、ホットケーキを焼きました。ホットプレートで焼くのは初めてでしたが、皆さん綺麗に焼くことができ、美味しくいただきました。(写真撮り忘れてしまいました…)
甘い物を食べた後は、デザート(?)に採れたてじゃがいもを焼いて食べました。皆で一緒に調理して食べると美味しさも倍増ですね。
その後、三千本の桜を歩いて見に行きました。頑張って歩くこと45分。坂を上がってからの桜並木は本当に綺麗でした。雲一つない快晴で、飯館の自然な景色を見ながら歩くこともでき、心地良い時間でした。
 
最後になりますが、飯館村で公式LINEが出来たようで、友達追加すると村の情報が色々と見れるそうです!(ケアセンター 栗田)
 
飯舘村公式LINEアカウントのご案内⇒https://www.vill.iitate.fukushima.jp/soshiki/14/10234.html
 

破天荒?!!

2024-05-17
NEW
皆さんは「破天荒」という言葉を知っていますか?
アウトリーチの支援対象の方で漢字がとても得意な20代の方がいます。幼稚園の時に興味を持ち始めて漢検準1級を持っています。現在は就職活動の忙しい合間を縫って1級に挑戦中です。
この写真の沢山の辞書はこの方が集めたものです。大きな図書館にも無いような本が沢山あるそうです。なごみに相談に来たときにこの写真をみせてくれました。
その方によれば、破天荒とはもともとは中国の故事成語で「破天荒解」という熟語で、分解すると破・天荒・解になるそうです。解は中国で科挙という難しい試験を通ってなれる官職で、天荒は凶作とか不合格という意味でみんな落ちてしまうぐらい難しいという意味、それを「破」つまり破って合格するということで、破天荒(解)という熟語はものすごいことをやり遂げる人物という意味になるのだそうです。他にも夏目漱石の名前の由来とか…いつも奥深い漢字の世界の魅力について教えてくれます。
興味を持つといくらでも覚えられるということです。そのうちテレビ番組の『マツコの知らない世界』に登場するかもしれません。相双にはいろんな「破天荒」な人がいます。
(アウトリーチ 鈴木)

訪看わんわん♪

2024-05-15
NEW
令和5年11月になごみ訪問看護の元所長の佐藤照美さんが南相馬市鹿島区に訪問看護ステーションを立ち上げました。その名も『ONE&ONEこころの訪問看護ステーション』、通称(足立的には)『わんわん』です♪用事があったので、見学も兼ねてわんわんの事務所へ!お菓子で餌付けされていたら、あっという間にお昼に。ダンスエクササイズを始めるスタッフもいれば、日向ぼっこをするスタッフもいて、のんびりマイペースな雰囲気は、なごみ在職中から変わらなくて笑ってしまいました。わんわんのホームページやFacebookページも開設されたそうなのでチェキラ!(古 (ケアセンター 足立)
 
ONE&ONEこころの訪問看護ステーションのホームページ
 
Facebookもやってます!
 

日精診災害対策本部研修会にいってきました

2024-05-10
3月11日の前日、3月10日に石巻市内のホテル河北町の大川小学校の震災遺構で行われた研修会に参加してきました。仙台市の原クリニックの原先生はじめ「からころステーション」のスタッフの皆様が中心となり対応してくださいました。
後半の大川小学校の見学では、遺族の語り部の方に案内していただきました。想定外の事態に見舞われた時、安全を最優先しながら判断し行動するまでの難しさを考えさせられました。亡くなられた方にご冥福をお祈りするとともにこの教訓をいつまでも考えつづけたいと思います。(ケアセンター 米倉)

「チーム力を高めよう~一人ひとりのチカラを引き出す~」内部研修会開催しました

2024-05-07
3月某日。なごみ職員向けに「チーム力を高めよう~一人ひとりのチカラを引き出す~」内部研修会を開催しました。講師には経営コンサルティングをされております波多野卓司先生をお招きし、職場での多様性の重視、価値観の受容、組織力の向上などをテーマに学ぶことができました。組織を活性化するためには個々人の関係の活性化が必要であること、その為には相手を理解する関係性が大切であり、「訊く・聴く・認知する」といったコミュニケーションが必要となるなど、職場での関りだけでなく支援の場においても大切となる内容も多く、改めて考える良い機会となりました。受講者からは「あらためて波多野先生のお話を聞き、一人一人の力を引き出すために何が必要か、とてもわかりやすく学ぶことができました。」といった感想もあり有意義な学びの時間となりました。(アウトリーチ 木川田)
相馬事務所
南相馬事務所
特定非営利活動法人
相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会
 
■相馬事務所
〒976-0016
福島県相馬市沖ノ内1丁目
2-8
TEL.0244-26-9753
FAX.0244-26-9739
 
■南相馬事務所
〒975-0007
福島県南相馬市原町区南町3丁目2-7
TEL.0244-26-9353
FAX.0244-26-9367

1
0
8
0
0
3
TOPへ戻る