本文へ移動

活動報告

活動報告

RSS(別ウィンドウで開きます) 

なごみオンライン茶和会(さ~なごむかい)のお知らせ

2021-06-02
東日本大震災から10年が経ち、なごみが福島県立医科大学「心のケアチーム」から被災地支援活動を引き継ぐ形で活動を開始してから9年が過ぎました。震災当初から現在までなごみの活動に関わってくださっている中澤医師(東京都/代々木病院)、丸田医師(兵庫県/岩沢神経科クリニック)、小林医師(熊本県/桜が丘病院)、小野寺保健師(福島県/南相馬市原町保健センター)をお迎えして、オンライン座談会を開催いたします。被災地支援活動を通して感じること、なごみとの関わり、そしてなごみの今後についてお話いただきます。また、当日はなごみで実施している事業「相馬広域こころのケアセンターなごみ」の訪問支援の様子を撮影した映像も上映予定です。ぜひご参加ください。
 
日時:6月27日(日) 14:10~15:30
場所:オンライン会議システム(ZOOM)※事前に参加申し込みが必要です
 
お申し込みは下記URLまたは案内チラシのQRコードからどうぞ。なごみホームページからも申し込みいただけます。
 
申し込みフォームはこちら↓↓↓

男たちの男たちによる男飯?

2021-05-31
孤立しがちな中高年の男性を対象とした集団活動、男性のつどい。コロナ禍においても感染予防対策を行いながら実施しています。今回は男飯として「ちらし寿司」を作りました。作業は至って簡単。材料を細かく刻んでご飯に混ぜるだけ。「豪快に散らしてやるぜ!!」と言いたいところですが、実は参加者のみなさんは几帳面な性格の方ばかり。大変美味しそうな仕上がりになりました。ちなみに実際の味はというと、それはそれは絶品でしたね。男性のつどいは、あまり人付き合いが得意ではない男性たちが、居心地の良い居場所を求めて参加をしています。一緒に楽しい時間をすごしてみませんか?(ケアセンター 工藤)

謎解きに挑戦!

2021-05-28
若者の集団活動チャレンジクラブでは月に1回、色々なことを企画してチャレンジしています。今回はみんなで協力して謎解きに挑戦しました。各メンバーに配られた情報カードに書かれている断片的な情報を持ち寄り、推測したり相談したりしながら答えを導き出していくグループワークです。少しずつ情報がつながってくる過程や、答えが出た後のスッキリ感がみんなで味わえます。「またやりたい」という感想があったので、またみんなで挑戦したいと思います。(ケアセンター 足立)

懐食(なつしょく)~春の手づくり和菓子~

2021-05-26
「懐食」の生みの親・伏見さんが、ぼたもちと桜餅を手づくりしてふるまってくれました。ぼたもちは、地方によって「はんごろし」と名前が変わったり、秋には「おはぎ」と呼ばれたりと、たくさんの名前を持っています。伏見さんが今年作ってくれたぼたもちは、もち米の中に甘いあんこが包まれていて、外側にはゴマがかかっていてほんのりしょっぱく仕上げてありました。絶妙の甘さと塩加減がたまらない一品でした!桜餅も、桜の葉から漂う桜の独特の香りと塩加減が食欲をそそります。桜餅の香りが春を感じさせてくれる一品ですよね。スタッフでペロリと平らげてしまいました♪(ケアセンター 足立)
※懐食とは、「あぁ懐かしいな~」「もう1回食べたいな」と思い出す料理のことです。

6月27日、なごみオンライン茶和会(さ~なごむかい)を開催します

2021-05-24
これまでのなごみの復興支援活動や被災地の現状、これからの展望について、東日本大震災当初から現在までなごみの活動に関わってくださっている中澤医師(代々木病院)、小林医師(桜が丘病院)、丸田医師(岩沢神経科クリニック)、小野寺保健師(南相馬市)をお迎えし、座談会を開催いたします。なごみの訪問支援の様子を撮影した映像も上映予定です。ぜひご参加ください。
 
日時:6月27日(日) 14:10~15:30
場所:オンライン開催(ZOOM)※事前に参加申し込みが必要です
 
お申し込みは下記URLまたは案内チラシのQRコードからどうぞ。なごみホームページからも申し込みいただけます。
 
申し込みフォームはこちら↓↓↓
相馬事務所
南相馬事務所
特定非営利活動法人
相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会
 
■相馬事務所
〒976-0016
福島県相馬市沖ノ内1丁目
2-8
TEL.0244-26-9753
FAX.0244-26-9739
 
■南相馬事務所
〒975-0007
福島県南相馬市原町区南町3丁目2-7
TEL.0244-26-9353
FAX.0244-26-9367

0
5
0
3
6
9
TOPへ戻る