特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会|地域活動センターなごみ|訪問看護ステーションなごみ|相馬広域こころのケアセンター|福島県

特定非営利活動法人
相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会
 
■相馬事務所
〒976-0016
福島県相馬市沖ノ内1丁目
2-8
TEL.0244-26-9753
FAX.0244-26-9739
 
■南相馬事務所
〒975-0007
福島県南相馬市原町区南町3丁目2-7
TEL.0244-26-9353
FAX.0244-26-9367
 

活動報告

 

活動報告

活動報告
フォーム
 
チャレンジクラブでそば打ち体験
2018-10-31
チャレンジクラブで初めてのそば打ちに挑戦しました。会場は小高区の浮舟文化会館です。同じく小高区にお住いの林さんにご指導いただきました。スタッフも全員初めてだったので、勝手が分からず緊張しましたが、林さんの丁寧なフォローのお陰で何とか十割そばを完成させることが出来ました。思ったよりも力が必要で、ゆであがった時には歓声と達成感に包まれました。自分たちのそばを食べて感動し、林さんのそばを食べてその違いに更に感動しました。どちらもとってもおいしかったです。メンバーからは「大変だった」「はじめてだからうまくできなかった」「緊張したけどおいしく食べられて良かった」などの感想が聞かれました。(西内)
 
婦人科検診はじまりました。
2018-10-30
なごみでは、毎年実施する職場健診の中で、対象年齢以外であっても希望する女性職員が子宮がん検診や乳がん検診などの婦人科健診を受けることができるようになりました。市町村が実施する住民検診では、対象年齢の方が婦人科検診を受けることができます。なごみで訪問するお宅では「何年も(検診を)受けていない」という方が少なくありません。毎年10月はピンクリボンキャンペーン(乳がん啓発活動)が世界中で実施されています。婦人科検診、おひとついかがでしょうか。(足立)
 
懐食(なつしょく)報告 大蛇巻
2018-10-19
小高の住民さんと幼稚園の子供たちで一緒に、大蛇巻を作りました。小高区では、昭和61年に海苔巻きでギネスに挑戦しました。舞台は歩行者天国となった駅前通り。参加人数2千5百人(見物客を含めると7千人)米9表、海苔6千枚の記録があります。(おだかまちの現代資料より)住民さんはその時の参加者で、30数余年を超えて次世代の子ども達に伝える場になりました。子ども達もとっても喜んでくれて、たくさん食べてくれました。(伏見)
 
精神障がい者家族教室をはじめます!!
2018-10-10
「病気のことや接し方」、「利用できる制度は?」など聞いてみたいけど聞けなかった、相談したいと思いながら時間が過ぎてしまった体験のあるご家族はいませんか?福島県精神保健福祉会連合会 つばさ会 ・ 相双地区家族会が主催で、家族教室が開催されます。 
当日は茶話会も行いますので、気軽にご参加ください。詳細につきまして、チラシを写真貼付します。皆様の参加をお待ちしています。(大谷) 
 
懐食(なつしょく)報告 お月見
2018-10-03
 小高幼稚園で、お月見会をしました。子どもたちと地域のみなさんで、お団子を作りました。かぼちゃを入れたお団子は、まん丸お月様のようです。丸めて楽しい、食べて美味しいお団子。楽しく交流出来ました。(伏見)
   
相​馬​事​務​所​
南​相​馬​事​務​所​
qrcode.png
http://soso-cocoro.jp/
モバイルサイトにアクセス!
030677
<<特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会>> 〒976-0016 福島県相馬市沖ノ内一丁目2番地8 TEL:0244-26-9753 FAX:0244-26-9739