本文へ移動

活動報告

活動報告

RSS(別ウィンドウで開きます) 

【速報】11/24水曜日 はまなかあいづTODAYでなごみが紹介されます!

2021-11-19
11月24日(水)午後6:10頃にNHK福島で放送される『はまなかあいづTODAY』で、相馬広域こころのケアセンターなごみの支援活動が紹介されます。ぜひご覧ください。(こころのケアセンター)

3年振りの再会!

2021-11-19
なごみの職員だった田中さんが、手作りベーグルのお店を始めて1年半が経過しました。
訪問先の方が、とある記事にお店のことが載っているのを教えてくれて、それをきっかけに田中さんに会いに行くことを提案しました。相馬市からは片道1時間かかる場所ですが、天気の心配もなく、紅葉の中楽しいドライブとなりました。お店に着くと、田中さんから「3年ぶりだねー!」と声を掛けて頂き、満面の笑顔です。窓から見えるブルーベリー畑も赤く色づいていてきれいでした。思い出話や周辺の穴場スポットの話をしているとあっという間の1時間。もっとお話をしてもらいたかったのですが、なごみの都合で帰らなければならず、「また来てね!」と送り出して頂きました。お互いに元気な姿で再会できたこと、なごみとしても大変うれしく思いました。(アウトリーチ 西内)

柿の収穫

2021-11-15
秋と言えば食欲の秋。秋にはおいしい物がたくさんありますね。
訪問移動中、どこの家の柿木もたわわに実っている風景をよく目にします。
利用者さん宅も同じ。なかなかご自分で収穫ができないと話しがあり、一緒に収穫することにしました。甘く熟したおいしい実は、すでに鳥などに食べられていました。それでも沢山生っており、手の届く範囲で収穫。高く手の届かない所は、鳥たちに食べてもらいましょうと取らずにそのままにしておきました。お話を伺うと、柿木はその方のおばあさんが植えたそうです。そのおかげでおいしい柿を食べる事ができました。おばあさんに感謝しながら秋の味覚を堪能させていただきました。
(訪問看護 古佐原)

食欲の秋、男性たちによる男性たちの男飯

2021-11-01
心地よい秋晴れの下、川沿いにある小さな集会所に集まった男たち。そう、それは孤独という称号持った男たち。彼らはその集会所に来て、ある目的を果たそうとしていた。
「男たちによる男飯を作るための集団活動」
本日の男飯は、野菜たっぷりの芋煮鍋と炊き込みご飯。料理は人の心を動かすための手段として、とても有効と言われている。この日は新たな仲間も増え、なんと9人の男たちが料理を振舞った。こんなに集まったのは初めてかもしれない。
初めはよそよそしい男たちだったが、料理を作り始めると途端に心を開き始める。経験者が初めての人に率先して声掛けをして、和やかな雰囲気の中で野菜たちが切られていく。その様はまるでサムライのようだ。和の心を持って切られた野菜たちは鍋の中に入れられ、あっという間に芋煮鍋へと進化を遂げる。その変化には我々スタッフも脱帽した。
問題は味付けだ。食べてみると、、、うまい。うまい。うまい。
参加者誰一人として美味しくなかったとは言わなかった。
「次回も参加したい」と話す参加者。「家に行けば野菜あるから次回は寄付してやるよ」と声をかけてくれる気前の良い人。さらには「次はすき焼きもいいな。できればお酒も」と冗談を話す人も。こんな会話が繰り広げられるこのつどいは本当にこれからも大切に、そして永く続けていく必要があると改めて実感することができた。いつも参加してくれて感謝。
(ケアセンター 工藤)
※今回の集団活動は、浪江町で開催した「男性のつどい」です。
男性のつどいは、孤立しがちな中高年の男性を対象とした集団活動です。

チャレンジクラブでBBQ

2021-10-29
若者の集団活動チャレンジクラブ。10月のイベントはBBQでした。去年はコロナの影響で実施しなかったため、2年ぶりのBBQです!準備の時から、非日常体験に、スタッフもメンバーもウキウキ気分でした。感染対策に気を遣いながらのBBQは、マスクを外して食べては、マスクをしておしゃべりをして、と、なんだかせわしない感じもありましたが、とても楽しい時間となりました。(ケアセンター 足立)
相馬事務所
南相馬事務所
特定非営利活動法人
相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会
 
■相馬事務所
〒976-0016
福島県相馬市沖ノ内1丁目
2-8
TEL.0244-26-9753
FAX.0244-26-9739
 
■南相馬事務所
〒975-0007
福島県南相馬市原町区南町3丁目2-7
TEL.0244-26-9353
FAX.0244-26-9367

0
6
4
7
5
3
TOPへ戻る