本文へ移動

活動報告

活動報告

浪江の春

2021-04-19
浪江町に訪問へ行くようになり、2回目の春が来ました。
請戸リバーラインの桜は相変わらず美しく、
この時期は多くの利用者さんと桜堤を楽しみました。
廃校になってしまった高校のグランドは、茶色い草が背丈ほど伸びていて
モノトーンに見えました。
そこからしばらく走ると、目が覚めるくらいの色鮮やかなハナモモが広がり、
華やかな光景に目を奪われました。
また、別の小学校はいよいよ解体が始まるようですが、
そのすぐ近くにはヤギが2匹おります。
かわいがられているのでしょう、人懐こく近くまで来てくれました。
東京電力福島第一原子力発電所の事故のため、浪江町内の避難指示にて
全町民が避難を余儀なくされました。
その後一部地域での居住ができるようになり4年が経過しましたが、
家屋が解体された空き地や、震災当時のままの建物も数多く残されています。
春の訪れとともに、一本違う道を通るだけでたくさん発見がある浪江町。
戻って来ていらっしゃる方々は皆さん前向きで
私の方が元気をもらっています。
資源がないからできないのではなく、あるもので工夫できる、
そんな支援をしていきたいと
改めて思ううららかな春の日でした。(訪問看護 大垣)
相馬事務所
南相馬事務所
特定非営利活動法人
相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会
 
■相馬事務所
〒976-0016
福島県相馬市沖ノ内1丁目
2-8
TEL.0244-26-9753
FAX.0244-26-9739
 
■南相馬事務所
〒975-0007
福島県南相馬市原町区南町3丁目2-7
TEL.0244-26-9353
FAX.0244-26-9367

0
6
4
7
5
3
TOPへ戻る