本文へ移動

活動報告

活動報告

昔取った杵柄とは…

2021-03-10
昔、杵を取って餅をついたことがあるので、いくつになっても体が覚えているというような表現をする時に使う言葉です。
専門用語では手続き記憶といいます。
ちなみに杵柄は「きねづか」と読み、餅をつく時に用いる杵の手で持つ部分のことです。
「最近はずっと編み物なんかやっていない」と、おっしゃっていましたが、
編み棒と毛糸をそっと差し出すと、自然と網目を作り出していました。
それもそのはず。以前はこんな素敵なセーターをたくさん編んでいらっしゃったのですから。
娘さんは何年も愛用しているそうです。さすがですね。
(訪問看護 大垣)
相馬事務所
南相馬事務所
特定非営利活動法人
相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会
 
■相馬事務所
〒976-0016
福島県相馬市沖ノ内1丁目
2-8
TEL.0244-26-9753
FAX.0244-26-9739
 
■南相馬事務所
〒975-0007
福島県南相馬市原町区南町3丁目2-7
TEL.0244-26-9353
FAX.0244-26-9367

0
6
4
7
5
3
TOPへ戻る