特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会|地域活動センターなごみ|訪問看護ステーションなごみ|相馬広域こころのケアセンター|福島県

特定非営利活動法人
相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会
 
■相馬事務所
〒976-0016
福島県相馬市沖ノ内1丁目
2-8
TEL.0244-26-9753
FAX.0244-26-9739
 
■南相馬事務所
〒975-0007
福島県南相馬市原町区南町3丁目2-7
TEL.0244-26-9353
FAX.0244-26-9367
 

活動報告

 

活動報告

活動報告
フォーム
 
八方内サロンのクリスマス会
2015-12-25
浪江町の方が入居する八方内仮設住宅。他の地域から浜通りに戻って来たい浪江町住民の方も新たに入居されるため、いまだに空き待ちの仮設です。入居される方は多くが5年近く経ってもなお、再建の目途がたっていません。
八方内仮設住宅で月に2回開催しているサロンにて、昨日はクリスマス会をしました。世界の医療団からお手伝いに来てくださっている臨床心理士の横内さんの氣功体操に始まり、浪江町住民のボランティアの方のオカリナ演奏、ふくしま心のケアセンター県北方部スタッフによる手品と、盛りだくさんの会になりました。手品ではネタばらしにみなさん思わずニヤリ。NHKの取材のカメラが入っていたので、最初は緊張気味のみなさんでしたが、ケーキの飾りつけの頃にはいつものように笑顔がたくさんあふれていました!
今日はクリスマス。みなさんにとって素敵な一日になりますように。 (文責 足立)
 
漁師さんの贈り物
2015-12-25
漁師さんからのうれしい贈り物。
11月のある日。仮設住宅の漁師さんから試験漁で捕れた大きな「ひらめ」をいただきました。なじみのスタッフの名前を呼びながら「もってきたから食えー」と地元流儀の無骨な挨拶。照れ隠しでポケットに手を突っ込みながらも感謝の気持ちが伝わりました。さて、このひらめをどうするか。私、米倉センター長が、youtubeで、さばき方を検索し地域活動支援センターの利用者の皆様に集まっていただき解体ショーの開始となりました。包丁のキレは今一つでしたが、新鮮なお刺身でいただきました。(文責 米倉)
 
中澤先生の勉強会「統合失調症の再発予防」
2015-12-25
12月15日に「統合失調症の再発予防」と題し勉強会を開催しました。講師に代々木病院の中澤正夫先生をお迎えし、これまでの経験や事例をもとにお話ししていただきました。再発のきっかけやそのサインに気が付くことの大切さについて学ぶことができました。また、今回の勉強会をきっかけに、より多くの人に精神障がいについて正しい理解をしてもらえるよう、取り組んでいきたいと感じました。勉強会のご希望等がありましたら、なごみまでご相談ください。(文責 河村)
 
松ぼっくりでツリー作り♪
2015-12-22
 先日、角田先生に「松ぼっくり」をなごみまで届けていただきました。角田先生ありがとうございました。なごみCLUBでクリスマス飾りを作りました。昨年作ったことのある利用者のKさんが初めての方にわかりやすく教えてくれました。時が経つのは早いもので、クリスマスまであと4日。風邪が流行っておりますので皆様お体には気を付けてくださいませ。(文責 大谷)
 
 

 
日本精神保健・予防学会で発表しました
2015-12-22
  先日、こころのケアセンターなごみの伏見がシンポジウムで発表いたしました。
このシンポジウムでは、岩手、宮城、福島の3県で行われている被災地のアウトリーチ活動団体の代表者が活動報告を行い、積極的な意見交換が行われました。南相馬市小高区の次年度の避難指示の解除に向けて、なごみでも準備を進めております。私たちこころのケアセンターなごみは、帰還を希望する住民へどのような支援を提供しなければならないのか、どのような情報収集が必要なのか絶えず考え続けていきたいと思います。(文責 米倉)
   
相​馬​事​務​所​
南​相​馬​事​務​所​
qrcode.png
http://soso-cocoro.jp/
モバイルサイトにアクセス!
048450
<<特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会>> 〒976-0016 福島県相馬市沖ノ内1丁目2番地8 TEL:0244-26-9753 FAX:0244-26-9739