特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会|地域活動センターなごみ|訪問看護ステーションなごみ|相馬広域こころのケアセンター|福島県

特定非営利活動法人
相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会
 
■相馬事務所
〒976-0016
福島県相馬市沖ノ内1丁目
2-8
TEL.0244-26-9753
FAX.0244-26-9739
 
■南相馬事務所
〒975-0007
福島県南相馬市原町区南町3丁目2-7
TEL.0244-26-9353
FAX.0244-26-9367
 

活動報告

 

活動報告

活動報告
フォーム
 
心の健康相談のご案内(相双保健福祉事務所)
2019-05-10
相双保健福祉事務所では、様々な心の問題についてお困りの方、またその家族の方を対象に、精神科医による「心の健康相談」を実施しています。一人で悩まず、お気軽にご相談ください。
相談は無料です。予約制ですので、事前に下記の「お問合せ・申し込み先」までご連絡お願いします。
 
精神障がいを持つ家族のための講演会
2019-04-23
「精神障がいを持つ家族のための講演会」を福島県精神保健福祉協会つばさ会、相双地区家族会と共催で開催しました。
SSTリーダーの高森信子先生をお迎えしての講演会を4月13日(土)に開催し、ご家族・当事者・支援者の方に参加いただきました。
相手の気持ちを理解するために大切なことや家族ができる3つのポイントについての講話、ご家族からの質疑応答コーナーや実際に家庭でのコミュニケーションを想定したSSTの体験など盛りだくさんでしたが、楽しく時間を忘れて学ぶことができました。
今後も、家族教室をシリーズで開催予定です。ホームページ等でお知らせいたしますので、ご参加いただければ幸いです。(谷津)
                          
 
南相馬市主催 こころの健康講演会を支援して
2019-04-22
 
 南相馬市原町保健センターで開かれた講演会「統合失調症の理解と対応について」で、私たちなごみはグループワークのファシリテーターをつとめさせていただきました。平日にも関わらず44名の当事者、ご家族、支援者に参加していただけました。
 講師は精神科医の中澤正夫さんでしたが、「薬物による治療よりも症状が悪化の原因となる生きづらさを軽減していくためには、家族や支援者が生活の中にある原因を考えていかない限り解決しない。」とおっしゃっていたことが印象的でした。あらためて人が人を支援していくことの大切さを学びました。(米倉)
 
 
発達障害についての研修会
2019-04-18
 聖愛こども園と福祉事業所のさぽーとセンターぴあの合同の研修会にお声をかけていただき、講師として参加しました。「学校や社会に馴染みにくさをもっているとは」をテーマに、発達障害についてお話をさせていただきました。子どもの支援を行うこども園と大人の支援を行う福祉事業所、ひとりひとりの特性に応じて丁寧に関わるところは共通しています。スタッフ同士の意見交換も盛り上がっていました。こども園の先生方の工夫は、年齢を超えて生かせることも多く、とても勉強になりました。(足立)
 
訪問看護の春、浪江町の春
2019-04-17
 2017年3月に浪江町の避難指示が解除されてから2年が経ちました。大震災前、春になると多くの町民の方々でにぎわった請戸川の桜が、今年も満開になりました。その美しさは震災前と全く変わりません。
 というのも、浪江町が帰還困難地域に指定されていた間も「いつみんなが戻ってきても桜を楽しめるように」と、心ある町民の方々がずっと桜のお世話をしてきてくれたのだそうです。そのおかげで今年も見事に美しい桜が咲きました。訪問看護でも対象者の方々とこの桜を満喫させていただいています。
 浪江町にまた美しい季節が訪れています。皆さんも是非、立ち寄ってみて下さい。(田中)
   
相​馬​事​務​所​
南​相​馬​事​務​所​
qrcode.png
http://soso-cocoro.jp/
モバイルサイトにアクセス!
036949
<<特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会>> 〒976-0016 福島県相馬市沖ノ内一丁目2番地8 TEL:0244-26-9753 FAX:0244-26-9739