特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会|地域活動センターなごみ|訪問看護ステーションなごみ|相馬広域こころのケアセンター|福島県

特定非営利活動法人
相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会
 
■相馬事務所
〒976-0016
福島県相馬市沖ノ内1丁目
2-8
TEL.0244-26-9753
FAX.0244-26-9739
 
■南相馬事務所
〒975-0007
福島県南相馬市原町区南町3丁目2-7
TEL.0244-26-9353
FAX.0244-26-9367
 

活動報告

 

活動報告

活動報告
フォーム
 
アルコール関連問題啓発キャンペーン
2021-02-03
昨年12月にアルコール関連問題啓発キャンペーンとして復興公営住宅の住民の方々へパンフレットをポスティング(配布)しました。主に、お酒に関する健康問題や困った時の相談先などが書かれたものをお配りしました。コロナ禍で外出自粛が叫ばれる中、自宅で飲む機会が増え、いつもよりもお酒の量が増えている方もいらっしゃいます。このキャンペーンがアルコール関連問題への関心と理解を深める機会になれば幸いです。粉雪がちらつく寒い中でしたが、南相馬市社会福祉協議会、NPOみんぷく、原町保健センターの皆様に御協力いただきました。改めて御礼申し上げます。(ケアセンター 早川)
 
「福島の復興とともに歩んだなごみの10年~これからも共に~」を振り返って
2021-02-01
1月31日にZOOM配信『福島の復興とともに歩んだなごみの10年』が無事終了いたしました。東日本大震災発災10年にあたり、当法人が行ってきた「心のケア」を振り返り、また今後の展望も紹介させていただきました。開催はウェブセミナーの形式で、当法人会員様や関連機関、メディア機関など70名の参加がありました。日頃なごみを応援していただきながら、お会いできずにいた皆様方と意見交換できたのはとても価値ある時間でした。私たち自身にとって、活動を振り返り、また今後を見据えるよい機会にもなりました。これまでの活動の反省や課題、これからの活動へのやりがいや希望がたくさんありますが、それら一つ一つこなしながら、地域に寄り添う活動を継続していきます!(唯野)
 
訪問看護でも懐食(なつしょく)-だんごさし-
2021-01-29
懐食(なつしょく)・心の復興プロジェクト(懐食とは「あぁ懐かしいな」「もう1回食べたいな」と思う料理、食べ物のことです)で毎年続けてきた「だんごさし」。だんごさしは、1月15日の小正月に、団子木(みずき)に鯛・小判・打ち出の小槌などのきれいな煎餅や団子をつけて、豊作を祈念する地域の行事です。今年は、訪問先の方や家族の方と、一緒に作りました。子供の時以来何十年ぶりに作る方や、「飯館村では作ったけど、原町に来てからは作ったことは無かったわ」など、懐かしい実家の話もたくさん聞かれました。花の少ない季節ですが、飾った部屋も心も明るくなったようでした。(訪問看護 伏見)
 
インスタとTwitterはじめました
2021-01-27
インスタグラムとTwitterをはじめました。なごみの活動報告の更新をインスタグラムとTwitterでもお知らせします。フォロー、どうぞよろしくお願いします。
 
インスタグラム
 
Twitter
 
写真は南相馬事務所の仕事始めの1枚。伏見さんのお年玉子が振舞われました。
本年もどうぞよろしくお願いします。(ケアセンター 足立)
 
ZOOM配信に向けて
2021-01-26
1月31日にZOOMで配信予定の『ふくしまの復興とともに歩んだなごみの10年~これからも共に~』。映像作りや生配信など全く経験のないスタッフが実行委員として集まり、ZOOM配信に向けて打ち合わせと準備を重ねてきました。なごみ全体の会議では、今後この地域で何をしていきたいか、という熱い思いも語り合いました。当日に向けて、実行委員の準備はまだまだ続きます。みなさんとお会いできることを心待ちにしております。参加申し込みはまだ間に合いますので、ぜひご参加ください!(実行委員一同)
   
相​馬​事​務​所​
南​相​馬​事​務​所​
qrcode.png
http://soso-cocoro.jp/
モバイルサイトにアクセス!
049730
<<特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会>> 〒976-0016 福島県相馬市沖ノ内1丁目2番地8 TEL:0244-26-9753 FAX:0244-26-9739