特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会|地域活動センターなごみ|訪問看護ステーションなごみ|相馬広域こころのケアセンター|福島県

特定非営利活動法人
相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会
 
■相馬事務所
〒976-0016
福島県相馬市沖ノ内1丁目
2-8
TEL.0244-26-9753
FAX.0244-26-9739
 
■南相馬事務所
〒975-0007
福島県南相馬市原町区南町3丁目2-7
TEL.0244-26-9353
FAX.0244-26-9367
 

活動報告

 

活動報告

活動報告
フォーム
 
懐食報告(桜餅)
2020-03-24

今年度最後の懐食ワークショップは、桜餅でした。子供たちは、コロナの影響で学校に行けず、他の場所にも制限がある中の開催で大変迷いましたが、特定の小集団であり、衛生面の配慮を十分にして、自分の分は自分で作ることなど感染予防を徹底して開催いたしました。

桜餅は、仮設住宅のサロンなど、活動の中で復興の経過と共に場所を変えつつ作ってきたお菓子です。今年は、子供たちと作れたことを嬉しく思います。

「美味しすぎる!」との声も聞かれ、笑顔がいっぱいになりました。(伏見)

 
伝説の「おだかぷらっとヨガ」最終回へ
2020-03-23
平成28年4月、南相馬市小高区で警戒区域避難解除前の一時立ち入りの時から、「おだかぷらっとヨガ」教室を小高区で開催していました。この度、世界の医療団の小松原ゆかり先生が支援終了に伴い、「おだかぷらっとヨガ」教室を閉じることになり、3月18日ついに最終回を迎えました。
平成28年4月から令和2年3月まで丸4年、開催回数合計47回、参加人数のべ294名。当時まだ人通りも少なかった時から始め、駅前通りがにぎやかになった現在まで続けてこられたことは、講師の先生、小高区のみなさんにも感謝しております。
「体が楽になった、軽くなった」「肩こり腰痛がなくなった」「みんなでやるから楽しい」といううれしい意見と、「前よりきれいになった」「笑顔が素敵になった」「背が伸びた」?という感想までいただきました。最終回は講師と生徒たちだけでなく、おだかぷらっとほーむのスタッフまでが涙、涙のお別れでした。写真は全員とっても笑顔ですが(笑)   (立谷)
  
 
ここ・から・なごみ 中止のお知らせ
2020-03-06
3月15日に開催を予定していました『ここ・から・なごみ流メンタルヘルス支援~集うこと、やってみること、楽しむこと~』は新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止させていただきます。
 
主催団体としましては大変残念ですし、このイベントに興味をもっていただいた方にはご迷惑をおかけしてしまうこと申し訳ございません。
 
しかしながら事態収束の見通しが立たない現状、感染拡大防止を優先すべきと判断いたしました。ご了承くださいますようお願い申し上げます。(唯野)
 
 
薪風呂
2020-03-02

  朝から小雪がちらついていたかと思うと、晴れたり、また雪が降ったりとお天気の変動の忙しい一日でした。冷たい風が吹く中、訪問したお宅では、薪でお風呂を焚いているとのことで、見せていただきました。薪風呂は湯冷めしないで、いつまでも体がポカポカするそうです。まだ訪問した時間は早かったのですが、夕方になると煙突から煙のでているお宅がわりと見受けられます。大概のウイルスは熱に弱く、寒さに強いので、薪風呂は画期的な予防策なのかもしれませんね。薪のお風呂、入ってみたいものです。(大垣)

 
懐食(なつしょく)報告 味噌づくり
2020-02-18

 子ども達と味噌づくり体験をしました。子供たちは、ゆでた豆をつぶすのがとても楽しい様子。昔は、近所や親せきで集まって、ドラム缶や大きな味噌鍋で豆を茹でたそうです。同じ味噌を分け合って食べる体験は、コミュニティづくりの象徴のようです。(伏見)

   
相​馬​事​務​所​
南​相​馬​事​務​所​
qrcode.png
http://soso-cocoro.jp/
モバイルサイトにアクセス!
042286
<<特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会>> 〒976-0016 福島県相馬市沖ノ内一丁目2番地8 TEL:0244-26-9753 FAX:0244-26-9739