特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会|地域活動センターなごみ|訪問看護ステーションなごみ|相馬広域こころのケアセンター|福島県

特定非営利活動法人
相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会
 
■相馬事務所
〒976-0016
福島県相馬市沖ノ内1丁目
2-8
TEL.0244-26-9753
FAX.0244-26-9739
 
■南相馬事務所
〒975-0007
福島県南相馬市原町区南町3丁目2-7
TEL.0244-26-9353
FAX.0244-26-9367
 

活動報告

 

活動報告

活動報告
フォーム
 
年末恒例アルコール関連問題啓発キャンペーン
2017-12-25
アルコール関連問題についてのパンフレット配布を、今年も相馬・南相馬市のスーパー5ヶ所で行いました。多量飲酒は体に悪影響をおよぼすだけでなく、様々なトラブルの原因にもなります。年末年始は飲酒の機会も増えますので、飲みすぎにはくれぐれもご注意くださいね。今年も警察署や消防署、社会福祉協議会、保健センター、相双保健福祉事務所など多くの関係機関からも応援が来てくださいました!ご協力ありがとうございました。(足立)
 
世界の医療団
2017-12-22
今でも、ご支援いただいている世界の医療団。「東日本大震災被災地支援 提言書 福島そうそうプロジェクト、川内村こころのケアプロジェクト」をいただきました。なごみの活動もご紹介いただいております。提言書とのことで、過去と未来を繋ぐような課題の整理、多方面からの視点からのまとめ方をされています。たくさんの方に見ていただきたい内容です。(文責 伏見)
 
世代間交流
2017-12-20
サロンに、可愛い赤ちゃんが来てくれました!おじいちゃん世代も、メロメロ。子どもは、高齢者が元気になる薬のようです。(伏見)
 
みんなで豚汁
2017-12-15
懐食・心の復興プロジェクトの一環として、復興公営住宅で豚汁を作りました。まな板・包丁・鍋もみなさんが持ち寄り、入れる材料も話し合って決めました。そして調理の早いこと!長年の「おまかない」の段取り力に、驚くばかりでした。
 
浪江十日市
2017-12-13
浪江町の「十日市祭」は、町内の産業と振興と経済の発展を目的とした町民による手作りイベントです。その始まりは明治初期とされていて、もともとは農家の収穫が済んだ旧暦の10月10日に開催されたことから、この名前が付きました。今年の十日市は、震災後初めて、浪江町内で開催されました。お天気にも恵まれ、沢山の方が来ていたのを見て、今後の街づくりが楽しみになりました。(伏見)
   
相​馬​事​務​所​
南​相​馬​事​務​所​
qrcode.png
http://soso-cocoro.jp/
モバイルサイトにアクセス!
024717
<<特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会>> 〒976-0016 福島県相馬市沖ノ内一丁目2番地8 TEL:0244-26-9753 FAX:0244-26-9739