特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会|地域活動センターなごみ|訪問看護ステーションなごみ|相馬広域こころのケアセンター|福島県

特定非営利活動法人
相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会
 
■相馬事務所
〒976-0016
福島県相馬市沖ノ内1丁目
2-8
TEL.0244-26-9753
FAX.0244-26-9739
 
■南相馬事務所
〒975-0007
福島県南相馬市原町区南町3丁目2-7
TEL.0244-26-9353
FAX.0244-26-9367
 

活動報告

 

活動報告

活動報告
フォーム
 
こころのケア連絡会
2019-10-31
 10月1日(火)南相馬事務所においてこころのケア連絡会を実施しました。こころのケア連絡会とは、この地域の保健福祉事務所と市町村がなごみ(心のケアセンター)の事業を共有し、地域の課題を話合う会議です。
 今回は、相双保健福祉事務所から、自殺対策について報告していただきました。福島県は、震災関連自殺が増加傾向にあるが、単身男性の自殺、健康問題に関する自殺は他の地域と同様に多い。思春期の自殺も同じような傾向である。支援に行き届きにくい世代がこれにあたり、私たちが実施している「男性のつどい」や若年層向けの「チャレンジクラブ」や「サロンぼちぼっち」を継続しつつ、つなぎやすいようなネットワークを広げていくことなど話合いました。今後、様々な支援が減少していくなか孤立の課題へ一層取り組んでまいります。(文責 米倉)

 
 
懐食(なつしょく)報告 おひるごはん
2019-10-25
  南相馬の訪問看護サテライトが開設され、はや1か月が経過しようとしています。
大きな台風の被害は少しずつ落ち着きをとりもどしつつある、そんなある日
訪問しているお宅で、ミョウガが採れたそうで、
せっかくだから一緒に食べてってと言ってくださりました。
いつもは一人で作って食べることがほとんどで、
痛い足もなんのその、大きな冷蔵庫を覗き込んで
何を作ろうか思案中です。
野菜の切り方、ダシの取り方、魚の焼き加減、
大先輩の知恵を色々教えてくださいました。
秋の食材で、季節を感じつつ、美味しくいただきました。(大垣)
 
訪問看護にできること③
2019-10-23
 
不眠不休で働いてくれた方々のおかげで、相馬、新地、鹿島区に水が戻ってきました!断水中、なごみにたくさんの御支援をいただき本当にありがとうございました。でも、ここからが災害の本番だと思っています。水害地域には泥、災害ゴミが山積みになり、悲しいくらい茶色一色の風景が続いています。そして、町中に土色の粉塵が舞っています。昨日までは水を抱えての訪問でしたが、今日からはマスクを抱えての訪問になりました。二次災害が広がらないように…再び被災者となった被災者の皆さんの心に寄り添っていけるように…。(田中)
 
訪問看護にできること② ~1週間ぶりの洗濯~
2019-10-18
台風19号の断水被害により、洗濯ができなくなってしまいました。被害地域ではもちろん水が出ませんので、コインランドリーも閉まっています。そんな時、南相馬市の応急仮設住宅で洗濯機を無料でさせてくれるサービスがあることを知りました。早速行ってみましたが、洗濯が出来上がる間も部屋でくつろいでいられて、とても良かったです。(大垣)
 
南相馬市では、まだ残っている仮設住宅を開放して、洗濯機の寄付を募って、このような支援が実現しました。入浴もできます。
 
 
訪問看護にできること
2019-10-16
  台風19号の被災後、訪問看護でも対象者の方々にお電話して生活状況をお聞きしています。一人暮らしのお年寄りの方々が困っているのは、やはりお水。相馬、新地、原町鹿島区は断水が続いています。給水車もたくさん出ていますが、お年寄りの方が一人で給水所に行くのは本当にひと苦労で…ということで、今日は訪問看護でいっしょに給水所に行ってきました。給水所には自衛隊の給水車がきていて、ひとりひとりに丁寧な対応をしてくれていました。いつも自衛隊の方々の献身的な支援には頭が下がります。なごみも負けないように微力ながら住民の方々の力になりたいと思います。(田中)
   
相​馬​事​務​所​
南​相​馬​事​務​所​
qrcode.png
http://soso-cocoro.jp/
モバイルサイトにアクセス!
038125
<<特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会>> 〒976-0016 福島県相馬市沖ノ内一丁目2番地8 TEL:0244-26-9753 FAX:0244-26-9739