特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会|地域活動センターなごみ|訪問看護ステーションなごみ|相馬広域こころのケアセンター|福島県

特定非営利活動法人
相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会
 
■相馬事務所
〒976-0016
福島県相馬市沖ノ内1丁目
2-8
TEL.0244-26-9753
FAX.0244-26-9739
 
■南相馬事務所
〒975-0007
福島県南相馬市原町区南町3丁目2-7
TEL.0244-26-9353
FAX.0244-26-9367
 

活動報告

 

活動報告

活動報告
フォーム
 
認定NPO法人になりました!!
2019-08-26
 この度、当法人は、福島県より、2019年6月27日付で「認定NPO法人」に認定されました。認定NPO法人とは、運営組織・事業活動が適正で公益の増進に寄与する団体として一定の要件を満たし、都道府県の知事または指定都市の長の認定を受けたNPO法人をいいます。全国59,429件のNPO法人のうち、認定NPO法人は1,098件あり、福島県内では18番目になります(2019年7月26日現在:内閣府NPOホームページより)。
これも、皆様からのご支援、ご協力のおかげと、心より感謝申し上げます。
 また、認定NPO法人になったことに伴い、当法人への賛助会費及び寄附は、寄附金控除の対象となります。所得税の計算において、寄付金控除(所得控除)または税額控除のいずれかを選択して確定申告を行うことにより、所得税の控除を受けることが出来ます。(唯野)
 
 
なごみ南相馬事務所
2019-08-14
 南相馬事務所が開設して6年目に入りました。南相馬市や浪江町、飯館村の支援者からの紹介がある一方で、住民の皆様から直接のお問い合わせも多くなりました。地域の皆様に、少しずつでも、なごみの存在を知っていただけるようになってきたからかと感じています。これからも、地域になくてはならないなごみであるように、努力していきたいと思います。(伏見)
 
9年ぶりの海開き(南相馬市)
2019-08-13
 南相馬市の北泉海水浴場は、今年7月20日に遊泳が再開しました。東日本大震災で被害を受けましたが、復旧工事によりきれいに整備されました。連日続く酷暑の為、外に出かけることに躊躇もありましたが、チャレンジクラブでも海へ行きました。ライフセーバーが見守る中、家族連れが遊んでいて賑やかでした。私達も負けずに(足だけ)海を満喫してきました。再び多くの人が訪れる場所になることを願っています。(西内)
 
911家族会となごみの国際交流
2019-08-09
 北原復興公営住宅で交流会を行った後、なごみ南相馬事務所で911家族会のメンバーと相互交流をしました。「もし、9.11と3.11の出来事を劇団として上演するとしたら、どんなタイトルをつけますか」という話題で話し合いを始めました。壮大な規模で起こった2つの災害を一つにまとめてタイトルをつけることは大変難しいと感じましたが、参加者は真剣にアイデアを出し合い、たくさんのタイトルが生まれました。その中から一つ、厳選して発表します。
                               
「What should be recorded and what should be erased?」
(私たちは、未来に何を伝えて行くべきか・・・)
この震災でたくさんの大切なものを無くし、また時間の流れとともに忘れていく一方で、後世に向けて残すべきものや伝えていきたいことは何なのかということを考え、このタイトルをつけました。
みなさんは、これから後世に向けてどんなことを伝えてきたいですか?
(工藤)
 
9.11家族会と復興公営住宅住民交流会2019
2019-08-08
9.11家族会の皆さんが復興公営住宅を訪れ、住民の皆さんとの交流会を開催しました。この活動は震災後から始まり、今年で8回目となります。
今回は、大蛇巻きと呼ばれる長さ6メートルの太巻き寿司づくりに全員で挑戦したり、南相馬市小高地区に伝わる大蛇伝説についての紙芝居も披露してくれました。
また翻訳アプリを使って、お互い積極的にコミュニケーションをとっている様子もありました。
住民の方々は「遠くから来てくれて嬉しい」、「また来年ね!」と再会をまた楽しみにしていました。(斎藤)
   
相​馬​事​務​所​
南​相​馬​事​務​所​
qrcode.png
http://soso-cocoro.jp/
モバイルサイトにアクセス!
036949
<<特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会>> 〒976-0016 福島県相馬市沖ノ内一丁目2番地8 TEL:0244-26-9753 FAX:0244-26-9739