特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会|地域活動センターなごみ|訪問看護ステーションなごみ|相馬広域こころのケアセンター|福島県

特定非営利活動法人
相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会
 
■相馬事務所
〒976-0016
福島県相馬市沖ノ内1丁目
2-8
TEL.0244-26-9753
FAX.0244-26-9739
 
■南相馬事務所
〒975-0007
福島県南相馬市原町区南町3丁目2-7
TEL.0244-26-9353
FAX.0244-26-9367
 

活動報告

 

活動報告

活動報告
フォーム
 
SEPTEMBER 11TH FAMILIES`ASSOCIATION
2018-07-24
Nagomi and the residents of Kitahara public housing welcomed the 9.11 families from New York. We enjoyed "nagashi-somen" together for lunch, catching somen noodles flowing through the bamboo pipe with chop sticks. The residents and the 9.11 families strengthened their ties by sharing their experience and food. We thank the 9.11 families for their continued visit and support, and we look forward to seeing them next year! 
 
なごみと北原団地の住民は、9.11家族会をニューヨークから迎えました。お昼には竹の筒を流れるそうめんを箸でとる、流しそうめんを楽しみました。北原団地の住民となごみと9.11家族会の方々はお互いの経験や食べ物を共有することで、絆を深めました。9.11家族会の方々の継続した訪問に感謝するとともに、来年またお会いできるのを楽しみにしています!(ボランティア久間木)
 
「こころの日」に参加しました。 
2018-07-19
精神科に関係する看護師職能団体である日本精神科看護協会福島県支部では、7月1日の「こころの日(精神疾患に関する普及啓発の日)」に合わせて、道の駅南相馬でイベントを開催しました。東日本大震災から8年目となり、支部役員の皆さんの復興支援の熱い思いから、相双地区では初めて行われました。なごみからは米倉さん・木島さん・3月までなごみに在職されていた古佐原さんも参加していただき、気温30度越えの中パンフ配布や血圧測定など行いました。また、「コーヒータイム」や「あさがお」など、就労B型の皆さんにもご協力いただき、交流を深めながら楽しい時間を過ごすことが出来ました。皆さん、ありがとうございました!!(佐藤)
 
米国・ホリスティックナーシング学会に参加してきました
2018-07-11
6月8日に米国・ニューヨーク州で開かれたホリスティックナーシング学会へ参加してきました。今回の学会の基調講演を務めたのは、国際看護協会・前会長のDr. Judith Shamian氏。彼女の“Think Global,  Act Local  (世界を考えながら、地域で活動する)”という言葉が感動的でした。そして、今回の学会の開催場所になったナイアガラの滝の悠大さにも感動した学会でした。世界は広いと改めて感じました。
 
Participating in the American Holistic Nursing Association Annual Conference in America
 
I participated in the American Holistic Nursing Association Annual Conference held in New York State, U.S.A., on June 8th.  Dr. Judith Shamian ,  the former Chairman of the International Nursing Association, served the keynote speech of this conference. I was moved by her word "Think Global, Act Local ".  I was also moved by the magnificence of the Niagara Falls, the place where the conference was held.  How wide the world is!
 
 
小高幼稚園の苗植え
2018-07-05
懐食(なつしょく)プロジェクトで小高幼稚園と小高区住民の交流会をしたところ、小高幼稚園の畑の苗植えへのお誘いがありました。当日は、園児や保護者とともに、近所のみなさんも苗植えに参加され、その後は園庭の草抜き。園児が楽しそうに遊ぶ隣で、大人たちも草抜きをしながらおしゃべりに花が咲いていました。(足立)
 
※懐食(なつしょく)とは、「あぁ、懐かしいな」「もう一度食べたいなと思い出す料理のことで、なごみが作った言葉です。一つの料理が、地域や世代を超えて共通の話題となることは、昔の暮らしや震災を風化させないための語り部の役割を担うことが出来るでしょう。

 
 
「福島原発事故がもたらしたもの(誠信書房)」が出版されました
2018-07-02
昨年度に編著者の福島県立医大前田先生から依頼があった、書籍が出版されました。私のパートは、「なごみの活動から~震災における心の多職種チームのキセキ~」の約30ページですが、平成24年のケアセンター設立から、現在に至るまでの波乱万丈の多職種チームの苦悩と成長ぶりを感じていただけると思います。ぜひ、お読みください。(文責 米倉)
 
 
   
相​馬​事​務​所​
南​相​馬​事​務​所​
qrcode.png
http://soso-cocoro.jp/
モバイルサイトにアクセス!
029579
<<特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会>> 〒976-0016 福島県相馬市沖ノ内一丁目2番地8 TEL:0244-26-9753 FAX:0244-26-9739