特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会|地域活動センターなごみ|訪問介護ステーションなごみ|相馬広域こころのケアセンター|福島県

特定非営利活動法人
相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会
 
■相馬事務所
〒976-0016
福島県相馬市沖ノ内1丁目
2-8
TEL.0244-26-9753
FAX.0244-26-9739
 
■南相馬事務所
〒975-0007
福島県南相馬市原町区南町3丁目2-7
TEL.0244-26-9353
FAX.0244-26-9367
 

活動報告

 

活動報告

活動報告
フォーム
 
相馬はまなす館まつり
2017-12-06
今年の9月に行われた相馬市のはまなす館まつりは開館20周年でした。なごみもブースを用意して、来場されるみなさんと交流しました。制限時間内にカードをめくり合う“カードめくり”と、カップをいかに多く積み上げるかを競う“カップ積み”という2種類のゲームを用意。シンプルなルールだからこそ、大人も子どももつい本気になってしまいます。スタッフも後半は腕をあげ、白熱したバトルを繰り広げましたが、最後は子どもたちに惨敗してしまいました。「来年も来る?」と子どもに聞かれたので、来年は腕を磨いておきたいと思います。(足立)
 
懐食(なつしょく)プロジェクト かぼちゃまんじゅう
2017-11-29
浪江町の懐かしい食べ物、かぼちゃまんじゅうで交流会をしました。震災前は浪江町津島地区でかぼちゃまんじゅうを作り、今は福島市で作り続けている石井絹江さんに、丁寧に丸め方を教わりながら参加者全員まんじゅうづくり体験をしました。「昔、食べたよ」と話す小高区の方もいて、みなさん楽しみにしていたようです。さらに、小高では10円まんじゅうがあったことや、みなさんの懐かしい食事もたくさんお聞きしました。懐かしくて美味しいものは交流の潤滑油、みんなを笑顔にします。(伏見)
 
「外傷的育ちによる生きづらさへの理解と支援」講演会
2017-11-28
11月22日に、京都のいわくら病院精神科医の崔先生を講師にお招きして、鹿島保健センターにて「外傷的育ちによる生きづらさへの理解と支援」講演会を開催しました。後半は、福島大学子どものメンタルヘルス支援事業推進室主催で、事例検討ワークショップでした。崔先生は、震災初期から福島の支援に何度もおいでいただき、今でも、福島に心を寄せていただいています。講演のお話は、なごみだけでなく地域の関係機関の皆さんにとっても、分かりやすくとても参考になるお話でした。地域のみなさんと一緒に聞けたことは、地域全体での包括ケアや、地域づくりにも繋がっていくことと感じました。先生の温かいお人柄と技が、地域全体に広がりますように。(伏見)
 
訪問看護の秋 飯館の秋
2017-11-24
訪問看護ステーションなごみが飯舘村への訪問看護を開始して8か月が経ちました。訪問看護を開始した4月になごみを迎えてくれた飯館の新緑は、今は黄金色の紅葉に変わっています。飯館村はもともと「日本で最も美しい村」連合に加盟している、自然豊かな村でした。美しい紅葉の風景を眺めているとその理由がわかります。いつかまた飯館村が本当の意味で「日本の最も美しい村」になることを願いながら、なごみ号は今日も飯舘村を軽やかに疾走中です。みかけたらどうぞ気軽に声をかけて下さい!(田中)
 
団地間交流会
2017-11-09
災害公営住宅は、市営の津波被災の方のための団地です。復興公営住宅は、原発被災で避難している方の団地です。南相馬市には、両方の団地が建設されています。災害公営住宅のみなさんと、復興公営住宅の皆さんで交流会をしました。再会を喜ぶ顔も。一緒に、浪江町の郷土料理のかぼちゃ饅頭を作り、浪江町の昔話(歯形の栗)の紙芝居と小高区の大悲山大蛇伝説の語りを聞きました。紙芝居は、浪江まち物語つたえ隊の岡ようこさんが読んでくださいました。紙芝居に出てくる地区名に懐かしさを感じ、大蛇伝説に目を閉じて聞き入っている方もいらっしゃいました。(文責 伏見)
   
相​馬​事​務​所​
南​相​馬​事​務​所​
qrcode.png
http://soso-cocoro.jp/
モバイルサイトにアクセス!
023553
<<特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会>> 〒976-0016 福島県相馬市沖ノ内一丁目2番地8 TEL:0244-26-9753 FAX:0244-26-9739