特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会|地域活動センターなごみ|訪問看護ステーションなごみ|相馬広域こころのケアセンター|福島県

特定非営利活動法人
相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会
 
■相馬事務所
〒976-0016
福島県相馬市沖ノ内1丁目
2-8
TEL.0244-26-9753
FAX.0244-26-9739
 
■南相馬事務所
〒975-0007
福島県南相馬市原町区南町3丁目2-7
TEL.0244-26-9353
FAX.0244-26-9367
 

活動報告

 

活動報告

活動報告
フォーム
 
懐食(なつしょく)報告 なみえDE交流会
2018-11-13
浪江町内でゲストハウスをされている青田荘さんとご一緒に交流会を行いました。場所は、いこいの村なみえ(宿泊や入浴が出来ます)です。
なごみは、今までも、仮設住宅、復興公営住宅でも浪江町のみなさんと鮭汁を作ってきました。今回は、初の浪江町内での鮭汁で、はらこ飯、エゴマの和え物も作りました。鮭をさばくのは、浪江町内の海鮮和食処のくろさかさん。見事な包丁さばきに、歓声が上がりました。住民のみなさんは沢山思い出を話し、若者もお話を聞きながら美味しいと笑顔がいっぱいでした。(伏見)
 
新地町健康福祉まつり
2018-11-12
毎年、自治体ごとに開催される健康福祉まつりに、こころのケアセンターなごみも参加して地域住民の方々と交流しています。今年はクリスマスカード作りの企画で、たくさんの子供たちが真剣な面持ちでカード作りをしてくれました。このクリスマスカードは、ウクライナの子供たちに毎年贈っており、福島では2011年から始まりました。ウクライナの子供たちからもお礼のメッセージやカードが届きます。参加してくれた子供たちや親御さんに感謝します。そして、今年のクリスマスも皆さんにとって素敵な一日になりますように。(工藤)
 
アルコールプロジェクトで集いを開催しました
2018-11-08
 地域アルコール対応力強化事業「相双地区におけるモデル事業」(通称:アルコールプロジェクト)では、地域連携の取り組みとして「地域でのアルコール健康問題について考える集い」を開催しました。駒木野病院アルコール総合医療センターから講師を招いて「アルコール依存症患者への支援のありかた」に関する講義を行い、その後、参加者の方々と意見交換を通じて地域の中でどのようなことが必要なのか話し合いました。
医療関係者、介護福祉関係者、学校関係者、自助グループの方など幅広く参加者を募り、「アルコール依存症ということを、もっともっと様々な多くの人に知ってもらえるような活動も出来れば良い」「アルコール問題に対して一緒に考えていけるような地域ぐるみでの関りができるといい」などのご意見をいただきました。(工藤)
 
なごみCLUB 絵画教室
2018-11-07
「教育・芸術・医療でつなぐ会」さんの支援を受けて、なごみCLUBで絵画教室を行いました。画用紙を水にぬらして3色の絵の具を塗っていきました。滲み具合によって色が変化していくのにみんな驚きつつ、さらに色を重ねていました。楽しい時間を過ごすことが出来ました。出来た絵は栞にして会報に同封し、会員のみなさんにお届けする予定です。お楽しみに!(伏見)
 
 
障がいがある人の「お出かけ」について考えよう
2018-11-05
 
あなたも、私も、「あそこに行ってみたいな~」と思う。ハンディキャップのある人も同じです。そんなごく普通の願いをみんなで考えようと、南相馬市健康福祉まつりの時に座談会を開きました。一緒に行ってくれる人がなかなかいない街の現状や、行くとしたらどこに行きたいかの夢も語りあいました。「聞いてもらって良かった~」と。今後も、このような場を作っていきたいと思います。(伏見)
   
相​馬​事​務​所​
南​相​馬​事​務​所​
qrcode.png
http://soso-cocoro.jp/
モバイルサイトにアクセス!
030675
<<特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会>> 〒976-0016 福島県相馬市沖ノ内一丁目2番地8 TEL:0244-26-9753 FAX:0244-26-9739