特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会|地域活動センターなごみ|訪問看護ステーションなごみ|相馬広域こころのケアセンター|福島県

特定非営利活動法人
相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会
 
■相馬事務所
〒976-0016
福島県相馬市沖ノ内1丁目
2-8
TEL.0244-26-9753
FAX.0244-26-9739
 
■南相馬事務所
〒975-0007
福島県南相馬市原町区南町3丁目2-7
TEL.0244-26-9353
FAX.0244-26-9367
 

活動報告

 

活動報告

活動報告
フォーム
 
元気なひまわり
2020-06-08

5月に南相馬事務所の花壇に植えたひまわりがすくすく育っています。このひまわりは間引きした苗を植え替えたものですが、植えた当初は元気がなく、ぐったりしていました。しかし今ではぴんとして順調に育っています。大きな花を咲かせる日が楽しみです。(早川)

 
懐食(なつしょく)レシピ第3弾が完成しました!
2020-06-02

「懐食(なつしょく)」とは、「あぁ懐かしいな~」「もう1回食べたいな」と思い出す料理のことです。時には地域のみなさんの思い出とともに、時には世代や地域を越えた交流の場として、3年前から懐食レシピの聞き取りや懐食作りを行ってきました。第3弾は子どもたちが喜びそうなレシピを集めました。なごみのホームページでも公開しています。ぜひご活用ください!(足立)

※懐食プロジェクトは令和元年度福島県内避難者・帰還者心の復興事業補助金の助成によって実施しました。

 
はまなかあいづTodayの取材を受けました
2020-05-21

今回の取材内容は「新型コロナウイルスの影響で懸念される高齢者の健康悪化と孤立化」についてです。外出自粛が求められる中での、なごみの取り組みについて取材を受けました。

 

放送予定:2020522日(金)18:1019:00内で5分程度

 

NHK福島放送局のみでの放送となりますので、地域が限定されますが、ご覧になれる方はぜひご覧ください。(足立)

 
訪問自粛して思うこと
2020-05-18

緊急事態宣言を受けて、訪問看護を業としている私たちは、どのように対応していけばいいのか、苦悩の日が続いておりました。

見えないものを予防してくには、やりすぎても心の距離が離れてしまう結果になってしまいます。かといってやらなければ感染のリスクが高まります。

そこで月に一度は感染に注意しながら訪問させていただき、可能ならばその後は電話でご様子を伺う対応を取らせていただいたりしながら、策を施してきました。

本日は月に一度の訪問でしたが、STAY HOMEのため、足を下げて一日過ごすことが多くなり、ストレスも抱えていらっしゃるようでした。そこで密着しないように充分配慮しながら足湯を行いました。アロマオイルを少し入れて、気持ちも穏やかに、免疫力も高まりますよう…ついでに牛乳パックで足台も作ってみました。

感染しなかったとしても、自宅療養で様々な弊害を及ぼしたのでは、健康であるとはいえません。まだまだ続く感染予防の日々ですが、心身ともに健やかでいられるよう少しずつ支援を続けていきたいと思います。(大垣)

 

 
そーしゃるでぃすたんす
2020-05-01
  親しい関係でも 2m‼ 素敵な彼との間も 2m‼ 糸電話のつもりで話しかけていますが、糸電話しているのではありません。2mの距離を確認しているのです。
  2mというと実際にけっこう距離を感じます。話しているとついつい距離が狭くなりがち。慣れるために2m糸電話で体験しています。体験中も気が緩んで近づいてくる彼。あわてて離れる私。なかなか難しいですが、コロナ終息まで常に意識していたいです。自分から人に感染させないために。(立谷)
   
相​馬​事​務​所​
南​相​馬​事​務​所​
qrcode.png
http://soso-cocoro.jp/
モバイルサイトにアクセス!
042286
<<特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会>> 〒976-0016 福島県相馬市沖ノ内一丁目2番地8 TEL:0244-26-9753 FAX:0244-26-9739