特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会|地域活動センターなごみ|訪問看護ステーションなごみ|相馬広域こころのケアセンター|福島県

特定非営利活動法人
相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会
 
■相馬事務所
〒976-0016
福島県相馬市沖ノ内1丁目
2-8
TEL.0244-26-9753
FAX.0244-26-9739
 
■南相馬事務所
〒975-0007
福島県南相馬市原町区南町3丁目2-7
TEL.0244-26-9353
FAX.0244-26-9367
 

活動報告

 

活動報告

活動報告
フォーム
 
夏の夜空
2020-08-12

昨日の夜、南相馬市内4ヵ所から一斉に花火があがりました。場所によっては4ヵ所全ての花火が見えたところもあったようです。久々に夜空を見上げたという方もいらっしゃったかも?今夜は全国的にペルセウス座流星群が見ごろのようです。流れ星は、夜10時頃が一番見えやすいそうですよ。もしよろしければ、今夜も空を見上げてみませんか。(足立)

 
夏限定 いいたていちごベーグル!
2020-08-12

飯舘村にある村カフェ753(なごみ)では夏限定のベーグルが発売中です。その名も「いいたていちご」と「いいたていちごベーグル」。ほんのりとしたピンク色は、いいたていちごランドで栽培された「雷峰」という酸味のあるいちご本来の色です。一口食べると甘酸っぱいいちごの香りが口の中に広がりました。さらに一緒に頼んだ椏久里のアイスコーヒーを一口飲んでびっくり。ブラックなのにシロップが入っているかと思うくらい甘味を感じました。ここでは、おいしいベーグルと珈琲とともにゆったりとした時間を過ごせます。

“限定”という言葉に弱いみなさんも、そうでないみなさんも、ぜひ一度、夏限定のいいたていちごベーグルを味わってみませんか?

 
おとなの塗り絵
2020-08-07

訪問看護で訪問しているみなさんの作品、いかがでしょうか?まるで絵画のような塗り絵、カラフルな塗り絵の作品、センスの高さに驚かされます。遠くに住むお孫さんが、おばあちゃんのために「塗り終わると絵葉書として使える塗り絵」を送ってくださり、塗り絵を仕上げたおばあちゃんがお孫さんに葉書を送り返すことで交流をされている方がおりました。新型コロナ感染症対策で様々な活動を自粛する時期が続いていますが、時間の使い方の一つとして、“おとなの塗り絵”もお勧めですよ。(伏見)

 
チャレンジクラブ再開
2020-08-07
新型コロナ感染症の感染拡大で自粛していたケアセンターの集団活動も、6月から少しずつ再開しました。若者の集団活動のひとつ、チャレンジクラブでは、月1回、様々なイベントを実施してきました。外出自粛で運動不足気味のメンバーから「身体を動かしたい」という希望があり、久々に集まった7月は体育館で身体を動かしました。マスクを着用していたので、こまめに休憩を挟みながら、卓球やバドミントン、風船バレーなどを楽しみました。久々に身体を動かして、終わった後はメンバーもスタッフもスッキリした顔。「人との接触を少なくしよう」、「自宅で過ごそう」と言われる状況の中で、誰かと共に過ごす時間の大切さを、スタッフもメンバーも実感する日々です。(足立)
 
集団活動再開
2020-08-06

相馬広域こころのケアセンターなごみが支援させて頂いている北原公営住宅住民サロン「にこにこサロン」は、コロナ禍で4ケ月間自粛していましたが、新型コロナウィルス感染予防対策を講じ72日に再開しました。なごみでは、今年度から「にこにこサロン」で住民対象の健康講話を年4回開催することになり、79日がその記念すべき第一回となりました。マスク着用、手洗い励行、消毒剤で除菌、こまめな換気、ソーシャルディスタンス、対面にならない、大声出さない等を考慮した上で開催したサロンですが、まだまだ互いの距離がうまく取れなくて過剰に接近したりと手探りの状態ですが、参加者のサロンにかける意気込みがひしひしと伝わるサロンでした。元々、ハグやハイタッチなどのスキンシップを得意とする北原サロンのお姉さんたち。しばらくぶりであっても今はハグやスキンシップは封印。女子高生みたいに胸元で小さく手を振る仕草がとても新鮮でした。(立谷)

   
相​馬​事​務​所​
南​相​馬​事​務​所​
qrcode.png
http://soso-cocoro.jp/
モバイルサイトにアクセス!
042888
<<特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会>> 〒976-0016 福島県相馬市沖ノ内1丁目2番地8 TEL:0244-26-9753 FAX:0244-26-9739