特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会|地域活動センターなごみ|訪問看護ステーションなごみ|相馬広域こころのケアセンター|福島県

特定非営利活動法人
相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会
 
■相馬事務所
〒976-0016
福島県相馬市沖ノ内1丁目
2-8
TEL.0244-26-9753
FAX.0244-26-9739
 
■南相馬事務所
〒975-0007
福島県南相馬市原町区南町3丁目2-7
TEL.0244-26-9353
FAX.0244-26-9367
 

活動報告

 

活動報告

活動報告
フォーム
 
チャレンジクラブのクリスマス会
2018-01-16
12月のチャレンジクラブではクリスマス会を行いました。年末最後ということもあり、10名が参加しました。まずは、事務所の飾りつけです。色紙で輪飾りを作り、壁と天井にテープで貼りました。色とりどりのものや、同系色でまとめたものなど様々です。モールを音符や星の形にして、折り紙では立体的なツリーを作りました。飾りつけの次はケーキ作りです。スポンジを人数分に切り分けてから、自分の分を自分でデコレーションしました。生クリームのホイップ作業はみんなで交代して頑張りました!最後には、メンバーがギターやリングベルを使って演奏と歌を披露してくれたので大いに盛り上がりました。(西内)
 
当事者との共演
2018-01-12
10月14日(土)南相馬事務所で全国のよりそいほっとラインの関係者の皆様へ、当法人の活動を説明する機会をいただきました。これまで、外部の方へ説明する機会は何度かありましたが、今回は、かつてアルコール関連問題を抱え、たくさんの支援者に支えられ断酒したAさんについて、本人も交えて発表しました。Aさんの避難した体験や、お酒をやめたきっかけ、過去と現在の自分の比較など詳しく話していただくことができました。支援する側・される側ではなく、なごみの活動を紹介してくれる頼もしいなごみサポーターとしてのAさんの姿がそこにありました。(米倉)
 
「孤立死を防ぐ」~常盤平団地「孤立死ゼロ作戦」の現場から~
2018-01-10
支援者向け研修会のお知らせ
 
千葉県松戸市にある常盤平団地は、先進的な孤立死の予防活動「孤独死ゼロ作戦」で知られている団地です。団地住民のみなさん自ら活動されているという点で、参考にしたい先進事例です。今回、日本国際ボランティアセンター(JVC)主催で、南相馬市内で研修会が開かれることになり、なごみも後援としてお手伝いします。南相馬市は、災害公営住宅(津波被災の方)、復興公営住宅(原発被災の方)、など大きな団地がたくさん出来ました。お互いを気づかう温かい地域を作っていくために、多くの方と一緒にお聞きしたいです。(伏見)
 
日時:平成30年1月19日(金)13:30~15:30
会場:原町区福祉会館(南相馬市)
主な対象者:行政職員 社協職員 NPO職員 団地自治会 民生委員等
 
なごみを応援してくださる皆様へ
2018-01-05
新年あけましておめでとうございます。
なごみの活動は、まもなく7年目となろうとしています。7年という月日の流れは、被災地の復興とともに震災の記憶を風化させています。前年から継続して帰還を迎えた市町村への支援に今年も力を注いでいきたいと考えております。引き続きご支援のほどよろしくお願いいたします。(米倉)
 
今年も大変お世話になりました。
2017-12-28
なごみができた時にスタッフで話し合った「なごみの想い」。初心からぶれていないか、時々振り返って考えています。みなさまのご協力と応援を励ましに、来年も活動して参りたいと思います。みなさまにもなごみにも、よい年が訪れますように。(広報スタッフ一同)
 
「なごみの想い」
1.あなたのままで・・・
 頑張れる人も、頑張れない人も、“ホッと”一息ついて、ありのままの自分でいられる時間と場を大切にします。
2.一緒に・・・
 震災後の様々な環境の変化から、心が疲れて立ち止まってしまった人の勇気の一歩を見守りつつ、私たちが後押しします。
3.笑顔で・・・
 ご本人も、ご家族も、地域のみなさんも、笑顔で暮らせるように願って活動します。
   
相​馬​事​務​所​
南​相​馬​事​務​所​
qrcode.png
http://soso-cocoro.jp/
モバイルサイトにアクセス!
024159
<<特定非営利活動法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会>> 〒976-0016 福島県相馬市沖ノ内一丁目2番地8 TEL:0244-26-9753 FAX:0244-26-9739